組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 

全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
 

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合
先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
AEON      amazon      政府刊行物
(↑ 在庫切れになり次第販売終了です)
 

     

 
1663491
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    12.4『ストップ雇い止め』緊急院内集会を動画で紹介(...
    Top
    12/15 18:50
    12月4日(月)の緊急院内集会 「ストップ!国立大学有期雇用職員大量雇止め=すべての国立大学での「無期転換ルール」適正実施を求める=」 での報告、発言の模様を紹介する動画シリーズの2回目は、希望者全員の無期雇用転換をめざして大学職組と...
    京大職組:時間雇用教職員の"通算雇用期間5年上限"撤廃...
    加盟組合からの情報
    12/15 18:00
    京都大学職員組合は、本日12月15日に総長宛に“時間雇用教職員の「通算雇用期間5年上限」撤廃を求める申入れ”を提出しました。 ※京大職組ホームページhttps://www.kyodai-union.gr.jp/もあわせてご参照ください...
    滋賀県立大教職組:理事長交渉の結果報告等
    加盟組合からの情報
    12/15 16:40
    県大教ニュース 2017年度 第3号 2017/12/15発行 第3号 添付資料 〔アンケート結果(中間)〕 
    福教大教職組:「正義の審判」が下される
    加盟組合からの情報
    12/13 14:11
    【速報】 福岡教育大学不当労働行為救済命令取消請求事件 の判決が、2017年12月13日(水)午後1時10分、東京地方裁判所527法廷で言い渡されました。 判決は、 「原告の請求を棄却する」 です。 「正義の審判」が下されました。...
    12.4『ストップ雇い止め』緊急院内集会を動画で紹介(...
    Top
    12/12 21:00
    特別国会開会中の12月4日(月)に東大教職組、首都圏大学非常勤講師組合との共催で開催した緊急院内集会 「ストップ!国立大学有期雇用職員大量雇止め=すべての国立大学での「無期転換ルール」適正実施を求める=」 には国立大学の常勤、非常勤の...
    全大教時報 Vol.41-No.5(2017.12)
    全大教時報
    12/08 17:30
    ■ 私立大学から公立大学への移管をどう考えるか 小林 喜平(公立大学法人首都大学東京労働組合 書記長) ■ 大阪府立大学と大阪市立大学の統合問題に関して 山田 智貴(大阪府大学教職員組合 書記次長) ■ ローカル線...
    『全大教新聞342号(12月)』を発行しました
    全大教新聞
    12/07 13:36
    <1面>■全国足並みを揃えて、無期転換促進へ ◇単組での取り組み、中央での取り組み ◇金沢大学「事務補佐員の無期転換制度が実現」■合同地区別単組代表者会議 開催報告<2面>■第28回医科系大学教職員懇談会(医大懇)開催しました 「教職...
    岡山大職組:団交報告「給与人勧準拠は維持」
    加盟組合からの情報
    12/06 13:59
    目次:1~3:団体交渉報告     4:質問書への回答    4~5:学習会報告    5~6:全大教 文科省と会見     6:全大教単組代表者会議報告     7:旅日記     8:単組だより(農学部)お知ら...
    三重大教職組人文支部:学部長候補者から回答(投票日12...
    加盟組合からの情報
    12/05 15:02
    ご参考にしてください ~働き続けられる職場をみんなでつくるために 週刊あのつ第195号20171205.pdf 週刊あのつ第194号「無期転換後の労働契約書に「有効期限」を記載する(?)問題、このままでは無期転換...
    ストップ!国立大学有期雇用職員雇い止め 緊急院内集会
    Top
    11/28 16:20
    全国の国立大学では、少なくとも7万人を超える有期雇用の教職員が日々の教育研究を支えています。 改正労働契約法による無期雇用転換権は1年更新の有期雇用労働者の場合、2018年4月から発生しますが、国立大学法人の多くが、将来の抽象的な「整...

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
                「③会議、学習会、行動等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2017/08/09

    中央執行委員会声明

    Tweet ThisSend to Facebook | by:管理人
     国公立大学・高専・大学共同利用機関で働くすべての教職員の賃金改善を求める
    ~2017年人事院勧告を受けて~(声明)

    2017年8月9日
    全国大学高専教職員組合中央執行委員会


     昨日、人事院の国家公務員給与に関する勧告(以下「人勧」とする)が出された。
     民間賃金は、金融の異次元緩和や規制「改革」などサプライサイドに偏した第二次安倍政権の景気刺激策が行き詰まりつつある国民経済の状況を反映して、昨年に引き続き小幅の賃金改善に留まり、2017年夏季の一時金については前年比で下落傾向もみられていた。
     そうした中で本年の人勧は、2017年4月の官民給与実態調査に基づく月例給の引き上げ幅は平均631円(0.15%)と昨年以下の水準となり、2016年冬季・2017年夏季の一時金の官民比較に基づく特別給は4.40ヶ月(前年比0.10ヶ月分の増)となった。


     国立大学法人等の教職員の賃金は、非公務員でありながら、独立行政法人通則法などの法令や国家公務員給与を基準に退職手当を予算措置する特殊運営費交付金制度などの要因によって、今なお人事院勧告及びこれに基づく公務員給与改定の影響を大きく受ける状況にある。
     しかも、教職員の人件費を含め国立大学法人等の人件費を支える運営費交付金のうち、基盤的な経費に充てる部分が公務員給与や民間賃金の変動にかかわらず年々削減され続けていることが、公務員給与改定によるもの、処遇改善や人材確保など他の理由によるものを問わず、賃上げはおろか現行の賃金水準の維持をも困難にする構造的要因をもたらしている。
     これらの制度的・財政的な「縛り」のもとで、使用者としての国立大学法人等が、人勧がマイナス勧告であれば公務員準拠を理由に早速これに従おうとし、逆にプラス勧告であれば法人財政を理由に極力賃上げを回避しようとする「ダブルスタンダード」への誘惑に常に駆られる状況が存在している。
     こうした状況の中、私たち全大教と加盟組合はこれまで、法人当局のダブルスタンダードを批判しつつ、また不利益変更の強行を極力阻止しながら、人勧水準以上の賃上げの可能性を追求するという厳しいたたかいを余儀なくされてきた。

     国家公務員の行政職(一)適用職員の給与水準を100として比較した国立大学法人等の事務・技術系職員の賃金水準(ラスパイレス指数)は、法人化後一貫して100を下回っているが、2014年度に88.4、2015年度は88.1、直近の2016年度は87.6と年々低下の一途をたどっている。
     国家公務員に比較対照職種がない教員について、国立大学法人化の直前の年度の国家公務員行政職(一)と国立大学教員の俸給表である教育職(一)の給与水準との比率を100として現在の国家公務員行政職(一)適用職員と国立大学教員の賃金水準の比を計算すると、同じく直近の2016年度のデータで96.5となり、これは国立大学教員が国家公務員行政職との比較による相対的な賃金水準が法人化後の14年間に平均3.5%低下したことを意味する。また、学校教員統計調査によっても、国立大学教員の平均給料月額が法人化後、私立大学教員のそれとの比較で相対的に低水準化が進んでいることがわかっている。
     こうした客観的データを参照するだけでも、国立大学等教職員の賃金は社会一般情勢に適合するどころか、そこからの逸脱を広げている状況にあり、本年の人勧程度の賃上げでは、適正な賃金水準への回復には不十分であることは明らかである。
     各国立大学法人等に対し、本年の人勧の水準を上回る賃上げ実施を強く求める。

     国立大学法人等における賃金水準の低迷には、ここ10年余の人勧が公務員の労働基本権制約の代償措置としての役割をないがしろにし、「給与構造改革」、「給与制度の総合的見直し」などとして公務員給与の地域格差、また中央省庁と地方出先機関との格差を拡大させる道をひた走ってきたことも影響している。そのような内容の人勧に準拠した賃金改定を繰り返してきた結果、地方に所在する国立大学・高専等では、賃金水準が累計で1割近くも低下しているケースもあるのである。
     賃金交渉において人勧の影響を受ける立場の労働者で組織する労働組合として、人事院が労働基本権の制約を受けている公務員の労働条件を公平適切に保障するという現行制度のもとで果たすべき本来の役割に立ち返ることをあらためて求める。

     法人化後、国立大学法人等の多くで行われてきたことは、人勧と財政の二つの理屈を使い分けながら教職員の賃金水準を低迷させることだけではない。退職者不補充などの人員削減によって教職員の労働負荷を増大させ、さらには教育研究活動に必要な最低限の経費をも削ってきた。教育研究経費の削減は、少なからぬ研究者が経費の自己負担を余儀なくされるところまできている。
     さらに非正規雇用の教職員に対しては、何ら具体的必要性の認められない「解雇リスクの回避」をほぼ唯一の理由に、労働契約法による無期雇用転換権の発生を免れるための雇い止め、不更新条項の設定などの脱法的対応に腐心している法人が今なお少なくない。
     こうした国立大学法人等の経営の在り方と、そのような経営が行われる原因を作っている国による制度的・財政的「縛り」は、日本の高等教育・学術の将来を暗くするものである。
     全大教と加盟組合は従来から、高等教育への公財政支出の水準を抜本的に向上させ、その中で国立大学法人等に対する運営費交付金を拡充し、基盤的経費を充実させることを政府に対して求めてきた。また、学長らが教職員の雇用・労働条件、教育研究条件の保障のために、政府への要求等を含めて経営責任を果たすことを求めてきた。
     教職員の賃金水準の引き上げの要求は、教育研究条件の保障、非正規雇用教職員の安定雇用の実現などの要求と「あれか・これか」という関係にたつものではない。それらを同時に追求し実現することこそが、日本の高等教育・学術を現場で担う私たちの使命をより良く果たす途であると確信する。全大教中央執行委員会は、全国の力を結集し、労使交渉を通じて、またその他あらゆるチャネルからの社会への働きかけを通じて、要求実現をめざす決意を表明する。


    13:14 | 運動方針、声明、見解、要望等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.