組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 
全大教は、いずれのナショナルセンターにも加盟せず、組織的には中立の立場で活動しており、他団体との共同については、所属の違いをこえた幅広い共同を追求しています。
全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
 



kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合
先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
AEON      amazon      政府刊行物
(↑ 在庫切れになり次第販売終了です)
 

     

 
1959427
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    東北大職組:非正規職員の無期転換問題・緊急報告集会
    加盟組合からの情報
    06/15 09:00
    『東北大学では、なぜ大量雇い止めが生じたのか』2018年6月15日(金)18:00~20:00 会場:東北大学片平キャンパス
    三重大教職組人文支部:三重大の無期転換ルール 適切に始動
    加盟組合からの情報
    06/12 09:14
    週刊あのつ第224号 20180612.pdf ↓バックナンバーは「続きを読む」をクリック 週刊あのつ第223号「給与は長期に低落」20180605.pdf 週刊あのつ第222号「東北大無期転換拒否」人文支部も支援カ...
    滋賀県立大教職組:団体交渉の申入れと経過など
    加盟組合からの情報
    06/11 16:00
    県大教ニュース 「理事長交渉(職場要求)に向けて」「組合員が増えています!」 2017/8年度 第14号 2018/6/11発行 県大教ニュース 「委員長からの挨拶」「特集:ブラック職場を変えよう!」 2017/8年度 第13号...
    全大教時報 Vol.42-No.2(2018.6)
    全大教時報
    06/10 09:00
    ■ ブレーク・スルーは科研費ではなく、最低保障された自由な研究費から生まれる  村井 淳志(金沢大学学校教育学類 教授) ■ 大学共育と平和学 ~学生が平和のための学びの主人公になる(中)  和田 寿博(愛媛大学法文学部 教授) ...
    『全大教新聞348号(6月)』を発行しました
    全大教新聞
    06/08 11:16
    ★☆目次☆★<1面>■教育研究条件は急速に悪化~春季単代会議でのアンケート結果から■青年部学習交流集会のご案内 <2面>■電気通信大学「未払賃金請求訴訟 控訴審第3回」■無期転換実現!雇用の安定が図られました■5・3憲法集会「9条改憲...
    京大職組:職員組合の立看板の強制撤去に強く抗議する
    加盟組合からの情報
    05/14 16:09
    京都大学総長 山極 壽一 殿 京都大学職員組合 中央執行委員長 白岩 立彦 職員組合の立看板の強制撤去に強く抗議する  2018年5月13日早朝、京大法人は百万遍界隈をはじめとするキャンパス外構やキャンパス内に...
    附属学校教員勤務実態調査へのご協力をお願いします!
    Top
    05/09 14:37
     近年、教員の働き方について社会的にも問題提起され、勤務実態が大きくクローズアップされる中で、全国の大学附属学校園での勤務実態について、全大教附属学校部で調査集約し、その結果を広く周知し、各組合での団体交渉等で労働条件改善のための資料...
    『全大教新聞347号(5月)』を発行しました
    全大教新聞
    05/09 11:22
    <1面>■組合の仲間が増えています!新入教職員をむかえ各組合で加入呼びかけを実施■無期転換実現!雇用の安定が図られました<2面>■東北大学雇止め撤回求め仮処分、労委申立■近畿地区交流会を開催(4月21日)■全大教事務局からのおしらせ<...
    東北大雇い止め撤回を求める取り組み支援
    Top
    04/25 16:49
    全大教から支援のよびかけ  国立大学法人東北大学は、2018年4月の改正労働契約法「無期転換ルール」本格発動にあたって、法人化以降2013年までに採用され働き続けてきた有期雇用職員に対して一律に2018年3月末までの契約更新期限を一...
    埼玉大教職組:雇止め撤廃、無期化転換を勝ち取る!!
    加盟組合からの情報
    04/25 13:04
    地域手当増、勤勉手当増、若手昇給が実現!! ユニオンプレス 2018(No.2)2018.03.28

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
                「③会議、学習会、行動等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2018/03/14

    大学での軍事研究に反対し学問の自由を考える集い(3/14)

    Tweet ThisSend to Facebook | by:管理人

     絵文字:会議3.31集会チラシ両面版.pdf


    全大教後援「日本学術会議2017年声明1周年にあたって
    大学での軍事研究に反対し学問の自由を考える集い」への参加について

     大学やその中で働く研究者に軍事的安全保障研究への関与を求めるような政府の動きがみられる中で、昨年324日に発表された日本学術会議の声明「軍事的安全保障研究に関する声明」は、1950年、1967年に出された声明の精神を改めて確認し、政府の動きを牽制し、各大学の自治に基づく慎重な対応を求めました。

     全大教中央執行委員会としても、この声明を支持する立場から同年331日に声明を発表し、「民主的な議論のもとで、大学等が今後とも軍事目的のための研究を行わないことを決定・宣言し、実践すること」を求めて運動することを確認しています。

     

     さて、このたび、軍学共同に反対する各種行動で共同の取り組みを行ってきた軍学共同反対連絡会が、学術会議声明1周年をきっかけに、大学での軍事研究に関する直近の情勢や、大学の自治と学問の自由をおびやかす各種の動きをふまえながら、軍事研究反対の取り組みと大学自治・学問の自由を守る取り組みをさらに進めるための「集い」を企画しました。

     全大教として、この「集い」を後援し、東京近辺を中心に加盟組合からの参加をよびかけることとしました。

     単組のみなさまにおかれましては、ご参加の検討をお願いいたします。また、主催者作成の「ちらし」を添付しますので、単組内などで「集い」の周知をお願いいたします。


    *********************************************

     

    大学での軍事研究に反対し学問の自由を考える集い ~日本学術会議2017年声明1周年にあたって~

     

    <開催趣意(主催者より)>

     昨年3月、日本学術会議は、軍事研究との訣別を誓った1950年、1967年の2度にわたる声明を継承するとする新たな声明を発しました。

     そこでは、「防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度は将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われ、外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗管理を行うなど、政府による研究への介入が著しく、問題が多い」と明記しています。

     その声明を受け同制度へは応募しないとした大学も多いのですが、依然として応募している大学もあり、2017年度には、岡山大、東海大、東京工科大、東京農工大の4大学が同制度の分担研究として参加していることが昨年末明らかになりました。

     このように日本学術会議の声明にもかかわらず大学の中で軍事研究が進んでいる現実の中で、声明の意義を改めてとらえなおし、2018年度の防衛装備庁の制度には絶対応募しない、させないという声をあげていくことが急務です。

     またこのような軍学共同の動きは、安倍政権による大学の改革・再編の中に位置づけられています。そこで政権がねらう大学改革の本質をとらえ、大学の自治と学問の自由を守る取り組みをあわせて進めねばならないと思います。

     大学の入学式などを控えお忙しい時期ではありますが、防衛装備庁の2018年度募集要項が例年3月下旬に出されていますので、そのタイミングで、大学人、研究者、市民が共に考えるために下記の集いを持つことにしました。

     皆様のご参加を心よりお願いします。

     

    <開催概要>

    日時 331日(土曜)午後1時半~5

    会場 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階 1011教室

      (JR、地下鉄「御茶ノ水」駅徒歩3分)

    主催 軍学共同反対連絡会

    共催 日本私立大学教職員組合連合

    後援 全国大学高専教職員組合

    参加費 無料(資料代等のカンパをお願いします)

     

    <内容・時程>

    第1部 「学術会議声明から1年 その意義と課題」

        小森田秋夫 神奈川大学教授、

              前日本学術会議安全保障と学術に関する検討委員会委員

    第2部 「防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度2018年度応募要項の批判」

        池内了 名古屋大学名誉教授 

    第3部 「学問の自由と大学の自治の現代的課題」

        光本滋 北海道大学大学院教育学研究院准教授

    パネルディスカッション

     

    以上


    15:53 | 会議、学習会、行動等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.