組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 

全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

 

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
● 個人ID登録を希望の方は、上記の
 マイルームから申し込みが出来ます
 

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合
先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
 

     

 
1460895
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    岡山大職組:新執行部のお知らせ&全大教定期大会報告等
    加盟組合からの情報
    08/22 11:02
    組合だより第213号 2017.8.9
    三重大教職組人文支部:学部長との団交 要求書を作成します、等
    加盟組合からの情報
    08/22 10:47
    週刊あのつ 181号「学部長との団交、要求書を作成します」.pdf 週刊あのつ 180号「2017人勧、これでは間尺に合わない」.pdf 週刊あのつ 179号「8日にも人事院勧告」.pdf
    全大教時報 Vol.41-No.3(2017.8)
    全大教時報
    08/10 09:00
    ■ 共謀罪の何が問題か?   今泉 義竜(東京法律事務所 弁護士、全大教顧問弁護団) ■ 非常勤講師・非常勤職員の5年(3年)上限との闘い ~国立大での闘争が360万人の無期転換のカギに~   志田 昇(首都圏大学非常勤講師組...
    中央執行委員会声明
    Top
    08/09 13:14
    国公立大学・高専・大学共同利用機関で働くすべての教職員の賃金改善を求める ~2017年人事院勧告を受けて~(声明) 2017年8月9日 全国大学高専教職員組合中央執行委員会  声明DL  昨日、人事院の国家...
    愛教大教職組:声明「共謀罪法、強行採決の暴挙への抗議」
    加盟組合からの情報
    08/07 09:33
    市民生活の自由を侵害する「共謀罪法」の成立と 国会運営の民主主義を破壊した強行採決の暴挙への抗議声明 2017年7月5日 愛知教育大学職員組合執行委員会  2017年6月15日、与党は数の論理にものを言わせて...
    『全大教新聞338号(8月)』を発行しまし
    全大教新聞
    08/04 10:20
     ・全大教第50回定期大会(2017.7.8-9)「組織を強化し、賃金・労働条件の改善をすすめる」  ・新中央執行委員等を選出(一覧表)  ・大会報告 ・判決言い渡し「不当判決」新潟大、電通大 ・全大教関東甲信越地区協議会単...
    愛教大教職組:声明「大学における軍事研究をめぐる問題に...
    加盟組合からの情報
    08/02 09:27
    大学における軍事研究(予算)をめぐる問題について ~日本学術会議声明を受け、愛知教育大学憲章の意義を再確認する 2017年6月26日 愛知教育大学職員組合執行委員会  大学を含む日本の科学者の代表機関である日...
    三重大教職組人文支部:研究支援メニュー、利用しにくいの...
    加盟組合からの情報
    08/01 15:29
    週刊あのつ 178号「研究支援メニュー『授業の調整』『委員会の調整』『優先順位の設定』利用しにくい3大理由:学部長・両学科長に懇談を申し入れ」.pdf 週刊あのつ 177号「『奨学金問題は本人の経済的問題ではない。卒業後もよい人生を...
    2017年度活動方針(共同利用機関)
    専門部、協議会
    07/26 09:22
    昨年度は第28 回教研集会にて大学共同利用機関分科会を開催し、国語研、国立天文台の2単組で年俸制の導入、有期雇用職員の無期化、事務職員への働きかけなど様々な問題について交流することができました。今年度は教研集会が予定されていませんので...
    2017年度活動方針(図書館)
    専門部、協議会
    07/26 09:20
    第28回教研集会(宇都宮大学)において、分科会を開催し、6単組9人の参加で、交流を行うことができました。 2017年度は、引き続き図書館職員間の交流を進めます。

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
                「③会議、学習会、行動等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2013/11/28

    特定秘密保護法の制定に反対する(中執声明)

    Tweet ThisSend to Facebook | by:総務部
    全大教中央執行委員会は、「特定秘密保護法の制定に反対する(声明)」を決定いたしました。
    ====================================================================
       特定秘密保護法の制定に反対する
                        2013年11月28日   全国大学高専教職員組合中央執行委員会  声明

     政府・与党は今国会に「特定秘密の保護に関する法律案」を上程し、会期中に可決成立させようとしています。多くの国民、有識者、団体が反対の声を上げ、福島県議会も全会一致で「慎重な対応を求める」決議しているにもかかわらず、さる11月26日には衆議院の委員会で強行採決の上、同日夜の本会議に緊急上程されて衆議院を通過するなど、今国会で成立する危険性が高まっています。
     この法案は、①政府が防衛、外交、特定有害活動の防止、テロリズムの防止などに関する情報であるとして「特定秘密」に指定した情報は、政府の判断で30年間または60年間にわたって主権者である国民にも秘密にし、②その情報を漏らした者や知ろうとした者を厳罰に処するというものです。しかも、何が「特定秘密」に指定されているかさえ、国民には知らされません。さらに、③「特定秘密」を扱う人やその周辺の人々を、政府が調査・管理する「適性評価制度」を導入するとしています。
     これにより、「特定秘密」を取り扱う公務員やその周辺の人々が調査・管理されてプライバシーが侵害されたり、国民に真実を解明し報道しようとする人々が取り締まりの対象とされその活動が萎縮させられたりするおそれがあります。また、自衛隊の海外派遣、米軍基地、原発の安全性や被爆、外交交渉の進捗状況などの重大な事柄ほど「特定秘密」に指定される可能性が高いため、国民の知る権利や主権者としてこの国の将来を選択する権利が侵害されるおそれがあります。また、国会議員の国政調査活動さえ制約され、国民主権の有名無実化が懸念されます。
     この法案にはジャーナリストや言論人が早くから反対の声を上げていますが、実際には大学や研究所で学問研究に従事する私たちもまた、真っ先に管理や取り締まりの対象にされる可能性があります。
     「特定秘密」の指定は政府の判断に任されますから、大学や研究所の研究者は、自分の研究内容や調査対象が「特定秘密」に指定された場合、秘密を扱う者として「適性評価制度」の対象にされかねません。また、「特定秘密」を漏らしたり知ろうとしたりした者として処罰されることにもなりかねません。しかも、何が「特定秘密」に指定されているかさえ分かりませんから、「特定秘密」に指定されていそうな事柄の研究には自己規制を強いられることになりかねません。さらに、仮に刑事告訴されても、「特定秘密」の指定そのものの妥当性を問うこともできないし、弁護士の弁護活動さえ「特定秘密」を知ろうとする行為として処罰されかねません。
     全大教中央執行委員会は、特定秘密保護法案が国民の知る権利・学問の自由を侵害し、国民主権の否定につながるものとして、その制定に強く反対し、廃案を求めます。
    17:08 | 運動方針、声明、見解、要望等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.