組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 

全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

 

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
● 個人ID登録を希望の方は、上記の
 My Roomから申し込みが出来ます
 

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合
先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
 

     

 
1418737
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    三重大教職組人文支部:奨学金問題は本人の経済的問題ではない
    加盟組合からの情報
    07/25 17:29
    週刊あのつ 177号「『奨学金問題は本人の経済的問題ではない。卒業後もよい人生を過ごせる制度に』三重大生協学生委員会委員長」.pdf 週刊あのつ 176号「自分らしい研究業績をあげられる学部にするために」.pdf
    岡山大職組:配偶者扶養手当、今年から3年かけて削減
    加盟組合からの情報
    07/11 15:50
    組合だより第212号 2017.7.7
    中央執行委員会声明
    Top
    07/11 10:00
    獣医学部設置をめぐる大学設置認可行政の公正性確保を求める 2017年7月7日 全国大学高専教職員組合中央執行委員会  声明DL  学校法人加計学園による岡山理科大学獣医学部設置について、2017年1月に国家...
    『全大教新聞337号(7月)』を発行しました
    全大教新聞
    07/06 15:04
     ・ 3度目の「教員アンケート」研究費減少、校務等負担、身分不安増加!! ・ 第28回高専協議会総会「教育体制整備の方針」について議論 ・ 第28回全大教中四国地区教職員研究集会  ・ 九州地区協議会定期総会総会 ・ 近畿地区...
    働きやすい職場環境を目指して
    専門部、協議会
    06/27 16:20
     女性部の主たる活動は、高等教育機関における真の(男女ともに働きやすい職場環境を目指した)男女共同参画の推進にあると考えてきました。昨年になりますが、第28回教研集会会期中に開催されました第24回女性部総会におきまして、これまでの女性...
    山口大教職組:法人から勤勉手当関係資料が提示されました
    加盟組合からの情報
    06/27 16:15
    三重大教職組人文支部:学部長との懇談速報
    加盟組合からの情報
    06/27 16:05
    週刊あのつ 175号「財務大臣宛の運営費交付金拡充求める要請の取組」 2017.7.11.pdf 週刊あのつ 第173号「学部長懇談:まずは教授会で紹介」2017/06/27.pdf 週刊あのつ 第172号「学部長懇談:論点はここ...
    岡山大職組:60分授業4学期制に関するアンケート結果
    加盟組合からの情報
    06/19 17:05
    組合だより第211号 2017.6.6
    山口大教職組:「銀婚式休暇」新設決まる
    加盟組合からの情報
    06/13 16:33
    くみあいニュース 第175号(2016年度 第6号).pdf
    交流の輪を広げる
    専門部、協議会
    06/10 16:55
     青年部は、全大教加盟単組の青年層で構成され、概ね40歳までの若手組合員がその担い手です。その活動の趣旨は学習と交流です。若手組合員は、まだ組合歴が浅く、組合の活動内容やその意義についてよく知らないケースも多々あります。しかし、今後の...

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
                「③会議、学習会、行動等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2017/06/02

    中央執行委員会声明

    Tweet ThisSend to Facebook | by:管理人
    「共謀罪法案」の今国会における廃案を求める
    2017年6月2日
    全国大学高専教職員組合中央執行委員会


     
    政府は3月21日、第193通常国会にいわゆる「共謀罪」に関する規定を新設する組織犯罪処罰法等の一部改正法案を提出し、衆議院は5月23日、同法案を委員会での強行採決を経た上で可決した。参議院では5月29日、法案の審議が実質的に開始されている。
     私たち全国大学高専教職員組合は、高等教育機関ではたらく教職員で組織する労働組合として学問の自由や労働基本権をはじめ基本的人権の保障を必要不可欠の基盤であると考える立場から、同法案の審議を重大な関心をもって注視してきた。
     私たちはこの立場から、同法案は次の理由により今国会においてただちに廃案とすべきものと考える。

    1.市民一般の広範な行為が捜査・処罰対象とされ、自由な活動の委縮を招く
     政府は、法案提出理由を国際的な組織犯罪の取締りに関する国連条約を批准するための必要最小限の国内法整備であるとし、また本法案によって新設される犯罪類型を「テロ等準備罪」と通称させるなど、あらゆる機会をもちいて本法案による捜査・処罰の対象が国際的な犯罪組織やテロリズム集団に限定されるもののごとく主張してきた。
     しかし、衆議院での質・量ともにきわめて不十分な審議の中においても、この法案で処罰対象となる「組織的犯罪集団」の活動の遂行のための計画、準備などの行為の範囲はきわめて広汎かつ曖昧であり、市民のありとあらゆる活動が、「組織的犯罪集団」の遂行する犯罪の計画や準備行為に該当しうるものとして捜査の対象とされるものであることが明らかとなった。
     戦前及び戦中の日本における言論、思想への弾圧立法として捜査機関に著しく濫用された治安維持法においては、1928年の改正法で挿入された「結社ノ目的遂行ノ為ニスル行為」を罰する規定が、政府にとって不都合なありとあらゆる言論、思想を取締りの対象とする上で重大な役割を果たした。
     今回の法案は、捜査機関による濫用の危険を排除できないものとなっている点でこの治安維持法の規定と同様の性質をもち、結果として捜査や処罰を恐れる市民の自由な活動の大幅な萎縮、ひいては思想・良心に対する抑圧をも招きかねないものである。

    2.専門的立場からの忠告・助言を無視した暴走立法
     この法案に対しては、国会提出以前の段階ですでに多数の刑事法学者、法律家などの専門家から危惧が表明されており、それらの中では、上に述べたような市民的自由への不当な束縛への懸念だけでなく、法案提出理由である国際条約の批准にあたってはこのような広範な「共謀罪」の立法措置は必要としないことも明らかにされていた。
     また、5月18日、国連人権理事会に任命されたプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏は、この法案の幅広い適用の可能性によってプライバシー権が特に影響を受けるとの危惧を表明し、日本政府に見解の明示と情報の提供を求める書簡を発出した。
     しかし、法案の国会提出以前、以後いずれにおいても、政府はこうした専門的立場からの意見に耳を傾ける態度を見せていない。ケナタッチ特別報告者の書簡については外務省が抗議を行うなど、書簡を発出したこと自体に強く反発してさえいる。
     新たな犯罪類型を創設したり、捜査機関の捜査権限を拡張したりするような立法措置にあたっては、基本的人権を不当に損なうことがないよう、専門的な知見に基づく慎重な考慮を要することは当然である。もし、このまま法案を成立させるようなことがあれば、それは人権保障のための専門知の存在理由を否定するものである。

     私たち全大教は、このような共謀罪法案を今国会において廃案とさせるための運動の一員として力を尽くすとともに、広く市民に対して、共謀罪法案廃案のための運動にたちあがることをよびかけるものである。


    13:15 | 運動方針、声明、見解、要望等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.