組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 

全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
 

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合
先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
AEON      amazon      政府刊行物
(↑ 在庫切れになり次第販売終了です)
 

     

 
1712553
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    滋賀県立大教職組:団交の申し入れをしました!
    加盟組合からの情報
    01/11 15:11
    県大教ニュース 2017年度 第8号 2018/1/11発行 県大教ニュース 速報!無期転換の道が開けました 2017年度 第7号 2017/12/28発行 県大教ニュース 退職手当減額措置に対する大学の回答 201...
    『全大教新聞343号(1月)』を発行しました
    全大教新聞
    01/04 13:12
    <1面>■新春特別対談「大学・高等教育の発展につながる取り組みを共に!!」 ◇全大教    中央執行委員長 中富公一 ◇日本私大教連 中央執行委員長 丹羽徹<2&3面>■単組委員長「新年あいさつ」各ブロック等から ◇北海道大学教職員組...
    三重大教職組人文支部:200号記念 座談会~在外研究の...
    加盟組合からの情報
    01/04 13:00
    週刊あのつ 第200号 20180104.pdf 週刊あのつ第199号「人勧実施で賃下げになる人ほんとうにいないのか?」 20171226.pdf.pdf 週刊あのつ第198号「退職手当削減、21日に説明会実施」2017...
    中央執行委員会声明(退職手当減額強行への抗議)
    Top
    12/28 17:45
    国の退職手当引き下げ法及び国立大学法人等に対する特殊要因運営費交付金減額措置の強行と、これらを理由にした各法人等の退職手当引き下げ強行に抗議する(声明) 2017年12月28日 全国大学高専教職員組合中央執行委員会  ...
    岡山大職組:みんなで変えよう!60分授業 4学期制
    加盟組合からの情報
    12/26 17:22
    組合だより第216号 2017.11.28.pdf 目次:1:60分授業 4学期制    2~3:雇用契約通知について    3:退職金削減に関する要求書    4~6:有期雇用教員アンケートについて    6:無期雇用実現に...
    12.4『ストップ雇い止め』緊急院内集会を動画で紹介(...
    Top
    12/19 20:50
    12月4日(月)の緊急院内集会 「ストップ!国立大学有期雇用職員大量雇止め=すべての国立大学での「無期転換ルール」適正実施を求める=」 での報告、発言の模様を紹介する動画シリーズの3回目は、組合の長年の運動が実り継続的な業務の有期雇用...
    中央執行委員会声明
    Top
    12/19 13:00
    改めてすべての大学法人等に有期雇用教職員の雇用上限撤廃を求める ―東京大学における「5年雇用上限規定」撤廃は重要な到達点― 2017年12月19日 全国大学高専教職員組合中央執行委員会  声明DL 掲示用DL ...
    東北大職組:限定正職員の採用発表、受験できなかった職員...
    加盟組合からの情報
    12/18 13:39
    2017/10/23:限定正職員への応募をめぐって組合に寄せられた声 http://www.tohokudai-kumiai.org/docs17/SOS171023.html ↓ 2017/11/7:組合が総長宛に「質問状に対する東...
    12.4『ストップ雇い止め』緊急院内集会を動画で紹介(...
    Top
    12/15 18:50
    12月4日(月)の緊急院内集会 「ストップ!国立大学有期雇用職員大量雇止め=すべての国立大学での「無期転換ルール」適正実施を求める=」 での報告、発言の模様を紹介する動画シリーズの2回目は、希望者全員の無期雇用転換をめざして大学職組と...
    京大職組:時間雇用教職員の"通算雇用期間5年上限"撤廃...
    加盟組合からの情報
    12/15 18:00
    京都大学職員組合は、本日12月15日に総長宛に“時間雇用教職員の「通算雇用期間5年上限」撤廃を求める申入れ”を提出しました。 ※京大職組ホームページhttps://www.kyodai-union.gr.jp/もあわせてご参照ください...

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
                「③会議、学習会、行動等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2017/12/28

    中央執行委員会声明(退職手当減額強行への抗議)

    Tweet ThisSend to Facebook | by:全大教

    国の退職手当引き下げ法及び国立大学法人等に対する特殊要因運営費交付金減額措置の強行と、これらを理由にした各法人等の退職手当引き下げ強行に抗議する(声明)

     

    201712月28

    全国大学高専教職員組合中央執行委員会
           
    声明DL  

     

    人事院の退職給付に関する実態調査の結果を改定理由にした国家公務員の退職手当引き下げ関連法案は11月17日に「公務員給与改定の取扱い」とともに閣議決定され、ただちに第195特別国会に提出され会期末の12月8日に参議院で可決成立後、12月15日に公布された。同法は国家公務員の退職手当の引き下げを2018年1月1日から施行し、即日全面適用するというものである。

    一般に退職金は賃金の後払いと勤続報償の性質をもつと言われるが、いずれにしても、退職の直前になっての支給水準引き下げが許されるべき性質のものでないことは明らかである。にもかかわらず、政府は国家公務員への退職給付を何らの経過措置もなく減額する法案を労使合意もなく国会提出し、性急に通過させた。このこと自体、公務員の労働条件に対するきわめて不当な取り扱いであり、私たちは公務労働者と連帯してこれに抗議する。

    「公務員給与改定の取扱い」閣議決定では、地方公務員や独立行政法人職員についてもこの改定を踏まえ「必要な措置」を要請するとしている。その上で地方公務員については、総務副大臣通知で「前回の退職手当の支給水準の引下げ時に、いわゆる『駆け込み退職』とされる事例が生じたことを踏まえ…行政運営に支障が生じないよう必要な措置を講ずること」などとして、労使交渉や議会での条例審議の必要性、年度途中での退職手当がもたらす行政運営への影響を考慮した各自治体での自主的な対応を求めている。

    他方、国立大学法人等を含む大部分の独立行政法人に対して国は承継職員の退職手当に相当する運営費交付金(特殊要因運営費交付金)を「国家公務員として在職した場合」に準じて個別に算定し交付する方式をとっており、今回の改定においても、2018年1月1日付けの退職分から引き下げ後の退職手当に準じて運営費交付金を減額するとしている。国立大学法人等の中には、このことを理由に、実質的な労使交渉を一切行わないまま1月から退職手当規定を改定し、国家公務員の例と同様の退職金引き下げを強行しようとするものが現れている。

    言うまでもなく国立大学法人等の教職員の労働条件は労使の自主的な交渉によって決定するものである。国家公務員の退職手当の改定や特殊要因運営費交付金の算定によって機械的に決まるべきものではない。35年勤続・定年退職の教授で約100万円と試算される引き下げ額は、退職後の生活設計に及ぼす影響は決して小さくない。これほどの不利益変更案件であれば、丁寧な説明義務を果たし、高いレベルでの労使の納得を目指して十分な交渉を尽くすことは使用者として当然のことである。

    実質的な労使交渉を行わないまま重要な労働条件の不利益変更である退職手当引き下げを強行しようとする国立大学法人等の当局に抗議し、引き下げ強行の撤回と、就業規則改定による労働条件の一方的不利益変更はあくまで例外的にのみ許される最後の手段であることを踏まえた誠実交渉義務の徹底的な履行を求める。

    あわせて、国家公務員退職手当の不当かつ性急な引き下げ措置が独立行政法人等の労使関係に対してもこのような形で悪影響をもたらしていることに関して政府当局の注意を喚起し、かかる事態を今後招来することのないよう、国家公務員退職手当の支給水準改定が多方面に与える影響を充分に考慮した改定プロセスの見直しを求める。


    17:45 | 運動方針、声明、見解、要望等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.