組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 
全大教は、いずれのナショナルセンターにも加盟せず、組織的には中立の立場で活動しており、他団体との共同については、所属の違いをこえた幅広い共同を追求しています。
全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
 





kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合
先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
AEON      amazon      政府刊行物
(↑ 在庫切れになり次第販売終了です)
 

     

 
1989387
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    岡山大職組:豪雨に被災された方々にお見舞い申し上げます
    加盟組合からの情報
    07/19 17:52
    ボランティアに参加する方へ(実際に参加された組合員による情報)  組合だより第223号 2018.7.19 目次:1~2:豪雨災害関連    2~3:60分授業・4学期制に関する要求書への回答      3:定期大会報告    4~...
    全大教中央執行委員会声明
    Top
    07/10 14:12
    改めてすべての国公立大学・高専・大学共同利用機関に有期雇用教職員の 雇用上限の撤廃と無期雇用転換権の保障を求める運動の継続を宣言する 2018年7月6日 全国大学高専教職員組合中央執行委員会  2012年改正労働契約法(以下、...
    『全大教新聞349号(7月)』を発行しました
    全大教新聞
    07/10 10:49
    ★☆目次☆★<1面>■春季単組代表者会議でのアンケート結果(第2段) 「ガバナンス改革」状況知り反転を■全大教第29回教職員研究集会のご案内 <2面>■東北大学「非正規職員の無期転換問題」緊急報告集会を開催■東北地区協議会総会(単組代...
    岡山大職組:全国の皆さん!岡山でお会いしましょう!
    Top
    07/09 11:35
    全大教第29回教職員研究集会は、岡山大学津島キャンパスで開催(9/14~16)されます!全体テーマ「大学・高等教育の未来 ~加速する政府主導の大学改革を超えて」 教研集会 ご案内ちらし(PDF)
    実態調査と情報共有
    専門部、協議会
    07/07 09:16
     大学への運営費交付金が減らされ続けた結果、多くの大学でこれまでの教育研究活動を維持することが難しくなってきたとの声が聞かれるようになっています。教員部ではその実態を明らかにするための活動を行いたいと考えています。 ①国立大学で人員...
    賃金水準及び勤務環境改善
    専門部、協議会
    07/07 09:15
     政府による医療・介護などの政策動向、国立大学病院への影響等に引き続き注視をしつつ、昨年2月の総会で確認した2年間の基本方針である「安全・安心な医療、安心して働き続けられる大学病院を」に基づき、今年度についても運動の展開を図ります。 ...
    昇格基準の明確化・改正
    専門部、協議会
    07/07 09:12
     昇級・昇格改善ならびに採用時の初任給格付け問題に重点をおいて取り組みます。昇格改善には上位級の獲得や昇格基準の明確化・改正が必要です。いくつかの大学では技術職員組織の改組や、全学一元化の動きがあります。 技術職員の組織化・再編は透...
    機構本部との交渉を強める
    専門部、協議会
    07/07 09:11
     全大教高専協議会は、機構本部との交渉を強めるとともに、全大教の運動方針を基本に、高専独自の課題について単組における取り組みへの援助や活動の交流、要求や運動での全国的な取り組みを進めます。  また、要求書や対案の提出、交渉による待遇...
    【アンケート】ご協力下さい
    専門部、協議会
    07/07 09:10
     2018年度に入ってから「附属学校教員勤務実態調査」http://zendaikyo.or.jp/?page_id=1586を実施しています。その集約結果を教研集会で公表し、より具体的な附属学校の勤務実態と課題を共有し、各校での団体...
    労働条件・環境の改善
    専門部、協議会
    07/07 09:08
     単組の事務職員運動に寄与するため、全大教と単組の事務職員部会、事務職員の組合員が協力して組合員拡大と労働条件・労働環境の改善、大学事務職員としての地位向上を果たせるよう、次の事項を取り組みます。 ①単組の事務職員組織状況調査や教職...

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
                「③会議、学習会、行動等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2017/03/31

    全大教中央執行委員会声明

    Tweet ThisSend to Facebook | by:管理人

    日本学術会議『軍事的安全保障研究に関する声明』を支持し
    各大学等における議論を呼びかける
      声明DL


    2017年3月31日
    全国大学高専教職員組合(全大教)中央執行委員会

     日本学術会議は、2016年6月以来の検討を経て、3月24日に標記声明を決定・公表した。
     今回の日本学術会議の声明は、わたしたちの主張と一致するものであり、その決定を強く支持する。
     この声明では、1949年に日本学術会議が創設され、1950年と1967年に軍事目的のための科学研究を行わない旨の声明を発したのは、科学者コミュニティの戦争協力への反省があったとの認識をしめし、軍事目的のための科学研究を行わない旨の2度の声明を継承することを宣言している。その根拠として、学術研究が政治権力によって制約あるいは動員された歴史的な経験をふまえて、研究の自主性・自律性、研究成果の公開性の担保が重要であるとの考え方をしめしている。その上で、2015年度に開始された防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」について、「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」と評価し、研究資金は民生分野に対するものを充実させるべきとしている。そして、研究成果は軍事目的への転用の可能性もあるからこそ、研究の入り口での研究資金の出所等に関する慎重な判断が求められるとし、そのために、大学等の研究機関は軍事的安全保障研究とみなされる可能性のある研究については自らその適切性を審査する制度を設けるべきであるとしている。また学協会等でも研究についてのガイドラインの設定が求められるとした。さらに個々の科学者、研究機関、学協会、科学者コミュニティ全体が社会とともに真摯な議論を続ける必要性を訴えた。
     全大教中央執行委員会は、すでに2016年12月26日に声明『軍事目的のための研究を大学に行わせる政策に反対し、すべての大学・大学人が学問の自由を擁護する立場から議論し行動することを呼びかける』を発表している。その中では、大学等における軍事目的の研究を進める政策に反対し、政府はむしろ大学への基盤的経費、基盤研究費を充実させるべきであり、かつ大学・学術界の国際性、公開性の発揮を支援すべきことを訴えた。学術界に対しては、国際関係の包括的解決に向け行動すべきことを、また大学に対しては、学問の自由の保障に責任を負う立場に立って大学内での民主的議論を行うべきこと、そして大学人に対しては、その議論に積極的に参加すべきであることを訴えてきた。
     今回の日本学術会議の声明は、防衛装備庁の資金が問題が多いものであるとしている。各研究者、各研究機関はこの声明に応え、2017年度の同制度の募集に対しては、毅然として応募しない姿勢をしめすべきである。また声明が呼びかけているとおり、大学等の研究機関、学協会、科学者コミュニティそれぞれが、軍事研究とみなされ得る研究の適切性の判断基準と、それを審査する体制を確立することが求められている。現時点では未だその議論の入口に立っているにしかすぎないのであり、より広い社会の人々との議論を積み重ね真摯な取り組みが求められている。
     あわせて各大学等の関係者には、全大教中央執行委員会声明でわたしたちが主張した、軍事研究が大学等に持ち込まれた際に起こる、学生や留学生の現在および将来にわたる不利益について、責任ある立場で考えることを求める。
     全大教は、学問の自由、大学の自治の原則にもとづき、民主的な議論のもとで、大学等が今後とも軍事目的のための研究を行わないことを決定・宣言し、実践することを求め、そのために運動することをあらためて確認し、声明とする。
     
     

    14:56 | 運動方針、声明、見解、要望等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.