組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 
全大教は、いずれのナショナルセンターにも加盟せず、組織的には中立の立場で活動しており、他団体との共同については、所属の違いをこえた幅広い共同を追求しています。
全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

 

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
 





kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合



さりげなくお互いを見守り、
声をかけ合う職場を一緒に作りましょう
2020年春版 リーフレット

先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
 amazon      政府刊行物
(↑ 在庫切れになり次第販売終了です)
 

     

 
2822291
from 2012.8.20 site renewal
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    『全大教新聞375号(9月)』を発行しました
    全大教新聞
    09/10 13:30
    ★☆目次☆★<1面>■2021年度概算要求期の要請を実施 文科省(8月18日)、財務省(8月20日)<2面>■高専協議会Web単組交流集会(8月30日)■全大教近畿総会(8月8日)■青年部委員~ズーム懇親会を開催<3面>■論壇「大分...
    滋賀県立大教職組:遠隔授業環境整備のための補正予算が9...
    加盟組合からの情報
    09/08 14:00
    県大教ニュース 第7号 2020/09/08発行 県大教ニュース 第6号 2020/08/07発行 県大教ニュース 第5号 2020/07/14発行 県大教ニュース 第4号 2020/07/13発行 県...
    『全大教新聞374号(8月)』を発行しました
    全大教新聞
    08/06 15:11
    ★☆目次☆★<1面>■Web単組交流集会を開催(7.18)■ご協力のお願い:新型コロナウイルス感染症への対応下での労働実態・教育研究状況アンケート実施中<2面>■職場の声を形に~加盟組合からの報告~ 「島根大 教育基盤経費の削減問題...
    岡山大職組:委員長あいさつ等
    加盟組合からの情報
    08/06 09:30
    組合だより 第246号 2020.8.5 ・定期大会報告 ・委員長あいさつ、役員一覧 ・新三役、新執行委員紹介 ・2020年度活動方針、全大教情報 ・旅日記、槇野学長再任にあたって 組合だより 第245号 2020.6...
    文科省へ要望書を提出(2020.8.4)
    Top
    08/04 14:52
    2021年度概算要求期にあたり、下記のとおり要望いたします。2021年度概算要求期にあたっての要望書 要望書 2020年8月4日 文部科学大臣 萩生田 光一 殿 全国大学高専教職員組合 中央執行委員長 鳥畑 与一 ...
    『全大教新聞373号(7月)』を発行しました
    全大教新聞
    07/07 13:47
    ★☆目次☆★<1面>■全大教役員と学生・院生団体の意見交換会実施「新型コロナウイルスの下での学生支援と学びの保障をめぐって」■新型コロナウイルス感染症への対応下での労働実態・教育研究状況アンケート実施中<2面>■特集:組合や協議会の取...
    新型コロナ労働実態・教育研究状況アンケート実施中
    Top
    06/17 16:07
    新型コロナウイルス感染症への対応下での労働実態・教育研究状況アンケート 【回答期限】2020年8月末 2020.6.17 国公立大学、大学共同利用機関、高専に勤務する 教員のみなさんへ 事務職員のみなさんへ 技術職員のみなさんへ (い...
    『全大教新聞372号(6月)』を発行しました
    全大教新聞
    06/12 11:19
    ★☆目次☆★<1面>■国立大学協会と意見交換「コロナの下での教育機能発揮を~学生支援は最重要、共通認識で~」■文部科学省との会見「新型コロナ対策~診療従事者、学生、遠隔事業、法人・教職員への速やかな支援実施を~」■北海道地区協議会要望...
    山形県労働委員会宛て要望書を提出しました
    Top
    06/08 10:37
    山形地方裁判所は5月26日、国立大学法人山形大学が山形県労働委員会の救済命令取り消しを求めた裁判において、山形県労働委員会の命令を取り消す判決を下しました。 この判決に対して、山形大学職員組合が加盟する全国大学高専教職員組合として控訴...
    5/25更新:新型コロナウイルスに関する対応について
    新型コロナウイルスに関する対応について
    05/25 17:37
    【全大教中央執行委員長メッセージ】 2020年4月20日「組合員の皆さまへ 新型コロナウィルス感染拡大の克服に向けて」 https://zendaikyo.or.jp/?action=cabinet_action_main_downl...

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
             「③会議、学習会、行動、集約等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2018/12/27

    全大教中執緊急声明

    Tweet ThisSend to Facebook | by 全大教 長山.
    (緊急声明)国立大学の運営費交付金「評価配分枠」の
    即時撤廃を求めます
    ――政府・財務省は、これ以上大学を壊すな――

    2018年12月27日
    全国大学高専教職員組合中央執行委員会

    本年11月20日、財務省の財政制度等審議会は「平成31年度予算の編成等に関する建議」の中で「評価に基づいて配分する額を運営費交付金のまずは10%程度、1,000億円程度にまで拡大する」との提案を行い*1 、12月21日にそのまま政府予算案として閣議決定されました。このような「評価に基づく予算の傾斜配分」は、研究の「生産性」の名の下に国立大学の教育・研究基盤を壊すものであり、国会審議の中で速やかに撤廃されることを求めます。

     運営費交付金は国立大学の教育研究費や人件費などの基盤的経費として国から支払われるものであり、国立大学の自由な教育研究を支える最も大切な資金です。しかし2004年に国立大学が法人化されて以降、運営費交付金は約1,400億円も減少しています *2。その結果、各地の大学では退職教員の後任が採用できず授業を開講できない、壊れた設備が修理できない、実験に必要な道具が買えずに授業ができないなど、研究だけでなく教育にまで深刻な影響が生じています*3 。とりわけ、規模の小さな地方国立大学への打撃は深刻です。

     さらに近年、政府は運営費交付金を減らすだけでなく、「評価配分枠」の仕組みを設けました。これは、各国立大学に配分するはずの運営費交付金から一定額を取り上げ、改革などに「実績」を挙げたと評価された国立大へ重点的に傾斜配分するという「選択と集中」の仕組みです(2018年度は約300億円)。しかしこの仕組みは大学の教育・研究をかえって阻害しています。
    なぜなら各大学は「実績」を挙げるために短期間で達成できるような教育・研究にばかり力を入れるようになるからです。そして教職員は見栄えのよい説明資料の作成に時間と労力を割かれ、教育・研究のための時間が奪われています。
    また、ひとたび「評価配分枠」で多めに交付金を受け取っても翌年はどうなるか全くわかりません。各大学では中長期の予算の見通しがつかないため、若手研究者や事務職員の非正規雇用化が進んでいます。したがって「評価配分枠」という傾斜配分のやり方は、中長期的な視点で計画・実施されるべき教育・研究の基盤を破壊していきます。

     また、国立大学協会も声明等で指摘しているように *4、財務省が財政制度等審議会に提出した資料では*5 、データの根拠が不明確であったり、データの使い方が恣意的・不適切と思われる点が複数存在しており、審議資料としては「落第」といわざるを得ません。このような資料をもとに策定された建議に基づく政府予算案の国立大学法人運営費交付金の「評価配分」部分は撤廃し、基盤的経費として措置しなくてはなりません。

     このまま運営費交付金の配分にあたり「評価配分」方式が拡大していけば、地方の小規模な国立大学を中心として、存立に関わる壊滅的な打撃を受けるでしょう。したがって、私たちは「評価配分枠」の即時撤廃を求めます。
    また、大学関係者の方々には、この問題を周囲の人々に伝え、自分の大学が置かれている状況をそれぞれの可能な方法で発信していくことを強く訴えます。


    *1  そこでの評価基準としては「教育面では例えば就職率・進学率など、研究面では教員1人当たりトップ10%論文数・若手教員比率・外部資金獲得額など」が挙げられている。財政制度等審議会「平成31年度予算の編成等に関する建議(2018年11月20日)」本文51頁( https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/report/zaiseia301120/index.html )

    *2  財務省は補助金や競争的資金が増えていると主張しているが、国立大学協会が指摘するように義務的経費の増加(法定福利費の増加や消費税の増税など)を含めれば実質的には400億円以上の減額となっている。国立大学協会会長声明「国立大学法人制度の本旨に則った運営費交付金の措置を!」の説明資料、8頁( http://www.janu.jp/news/files/20181116-wnew-giren3.pdf)

    *3  大学現場の状況については、全大教教員部「教員の研究・教育・勤務条件改善に関するアンケートまとめ」(2017年7月)( https://zendaikyo.or.jp/?action=cabinet_action_main_download&block_id=216&room_id=51&cabinet_id=5&file_id=5382&upload_id=15044 )
     その他に、「(特集)大学が壊れる」『週刊東洋経済』2018年2月10日号、「(連載)幻の科学技術立国」『毎日新聞』( https://mainichi.jp/ch180409438i/幻の科学技術立国 )など

    *4  国立大学協会会長声明「国立大学法人制度の本旨に則った運営費交付金の措置を!」(2018年11月2日)4頁以下( http://www.janu.jp/news/files/20181102-wnew-seimei.pdf )
    なお、以前には文科省も財政制度等審議会の建議(特に運営費交付金関連)に関して反論を行っている。文部科学省高等教育局「財政制度等審議会財政制度分科会における国立大学法人運営費交付金に関する主張に対する文部科学省としての考え方」( http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/1379230.htm?fbclid=IwAR25GOm3kfnMKiqSW4lMnpsvfbNuQl2ffUwIQP6BmsdcDvYUJW66CWzR6U0 )

    *5  財政制度等審議会財政制度分科会(2018年10月24日)への事務局(財務省主計局)提出資料
    なお、政策研究大学院大学「大学改革シンポジウム『研究大学の再々定義』」(2018年6月29日)における神田眞人氏(財務省主計局次長)の報告資料「大学改革のEBPM――神話を超えて」も参照(特にスライド26頁)( http://www.grips.ac.jp/jp/news/20180713-5395/ )

    14:33 | 運動方針、声明、見解、要望等
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.