組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 組合 
   全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 
全大教は、いずれのナショナルセンターにも加盟せず、組織的には中立の立場で活動しており、他団体との共同については、所属の違いをこえた幅広い共同を追求しています。
全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 
組合,くみあい,労働,共同,協働,大学,高専,高等専門学校,共同利用機関,全国大学高専教職員組合,全大教
 

組合員ログイン

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
 (ヒットする件数が全く違います)
 
絵文字:虫眼鏡 見つからない資料さがします!
● 個人ID登録済の方のみ問合せ可
 




kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に
入ろう,高等,教員



kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

kumiai,ぜんだいきょう,労働,組合に入ろう,高等,教員

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合

組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合、組合



さりげなくお互いを見守り、
声をかけ合う職場を一緒に作りましょう
2021年春版 リーフとポスターは
注文済み組合宛へ3/15発送済みです

先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
 amazon      政府刊行物
(↑ 在庫切れになり次第販売終了です)



 

     

 
3467152
from 2012.8.20 site renewal
     

    一般公開ページ<新着情報>

     RSS
    全大教教研集会★しおり、基調報告、講演レジュメ、レポー...
    教研集会(2021.9.11~12)
    09/08 15:45
    【9月14日 13:30 更新】(各種資料は、ログイン後にクリックするとダウンロードできます) ■ 参加者のしおり   ※教研集会アンケート ■ メッセージ ・全国公立大学教職員組合連合会  ・全日本教職員組合 【基調...
    全大教第30回教職員研究集会開催、プログラムについて
    教研集会(2021.9.11~12)
    09/08 14:25
    【日 程】9月11日(土)10時 ~12日(日)16時 ※受付開始は9:15からです 【全体テーマ 】「高等教育と大学ガバナンスの将来 ...
    『全大教新聞387号(9月)』を発行しました
    全大教新聞
    09/08 14:01
    ★☆目次☆★<1面>■文部科学省会見「2022年度概算要求期の要請」■財務省要請行動を実施「概算要求期にあたり運営費交付金充実を求める」<2面>■2021年人事院勧告「私たち国立大学等の労働条件の改善にむけて」 ■3者による大学自治確...
    2021年人事院勧告を受けて全大教中執声明を発表
    Top
    08/10 14:44
    人事院は、本日、2021年度の国家公務員給与についてボーナスを4.45月分から4.3月分に0.15月分引下げる(期末手当の0.15月分引下げ)勧告をおこなった。これが実施されると行政職(一)表適用職員の年間給与は平均62,000円減額...
    『全大教新聞386号(8月)』を発行しました
    全大教新聞
    08/10 14:37
    ★☆目次☆★<1面>■第54回全大教定期大会をウェブ開催<2面>■全大教第54回定期大会記事つづき 「退任役員」「新中央執行委員等を選出」■第32回高専協議会総会開催報告<3面>■論壇「東日本大震災後の漁業・漁村と復興事業の副作用...

    全大教からのお知らせ

    カテゴリ選択項目:「①運動方針、声明、見解、要望等」「②賃金・労働条件関連(予算含む)」
             「③会議、学習会、行動、集約等」「④専門部」「⑤官公庁(文科省、財務省等)」「⑥国大協」
     
    Topics >> 記事詳細

    2020/12/18

    山梨大教職組:日本学術会議会員の任命拒否に対する声明

    Tweet ThisSend to Facebook | by (管理人)
    2020年12月18日
    山梨大学教職員組合


     山梨大学教職員組合は、今般の日本学術会議任命拒否の問題について、菅義偉首相による任命拒否に抗議するとともに、以下のことを求めます。

     (1) 日本学術会議が推薦した6名の任命を迅速に行うこと。

     (2) 日本学術会議が推薦した6名を、菅義偉首相が任命拒否した理由を明示すること。

     日本学術会議任命拒否の問題は、本年10月1日付けで任命される予定であった第25期の会員候補者の中から6名の任命を菅義偉首相が拒否したことに端を発します。日本学術会議法は、本学術会議の推薦に基づいて首相が会員を任命する、と規定しています。この首相の「任命」は「形式的任命」とされ、首相は日本学術会議の推薦のとおりに任命を行い、首相には実質的任命権はない、と解釈されてきました。政府自身も、この解釈を認める答弁を国会において行っているところです。ところが、菅首相の説明によると、2016年に解釈の変更を行い、それを踏まえて今般の任命拒否に至ったということです。2016年の解釈の変更は、国会等の場で十分議論を尽くしたうえでの変更ではなく、政府内部で――いわば、密室で――議論が行われ変更が行われたということです。

     日本学術会議は、戦前に大学や学問に政府が介入し、大学や学問が戦争に加担したことを反省して1949年に設立された国の特別の機関です。このような機関に、恣意的に政府が人事権を行使し、その運営に介入することは、憲法が保障する「学問の自由」を侵害する行為になりかねません。これは、「学問の自由」の侵害にとどまらず、「思想及び表現の自由」などを委縮させ、国民の基本的人権の抑圧につながるものです。

     また、今般の任命拒否の問題は、他人ごとではありません。本学では、「学長の任期は、二年以上六年を超えない範囲内」と定める国立大学法人法の趣旨に反する規程の変更が、学内で十分に議論されることなくひっそりと――まさに、密室で――おこなわれました。これにより、教職員の意向投票を経ることなく学長の任期を延長することが可能となり、実際、現学長の更なる任期延長が、意向投票も経ず、学内で十分に議論されることもなく、決まってしまいました。(現学長の任期は、法律の定める範囲を超えて8年にも及びます。)

     日本学術会議会員の任命拒否の問題も、学長の任期延長の問題も、法律の趣旨に反して、権力者が密室で法律の解釈や規程の変更を強行し、自分たちに都合の良い状況を作り出そうとしている点で全く同じであると考えます。これらの行為は、いずれも、民主主義をないがしろにし、本来、自由で闊達な意見交換が行われるべき「大学という場」を破壊へ導く蛮行であると言わざるをえません。

     このことから、山梨大学教職員組合は、菅首相による今般の任命拒否の問題について強く抗議するとともに、日本学術会議が推薦した候補の速やかな任命及び任命拒否の理由の明示を求めます。
    以上

    15:00
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.