全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 

全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 

組合員ログイン

 

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
  (ヒットする件数が全く違います)
 













※2016春用リーフ、新聞号外の注文部数の
 連絡済み単組を掲載しています








先進国レベルの公的な高等教育投資を!
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英氏推薦
 




 
675272
from 2012.8.20 site renewal

リンク集

   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     
     RSS
    (声明)【国立大学等賃下げ訴訟】法と事実を枉げる高裁、...
    Top
    02/04 16:00
    (声明)【国立大学等賃下げ訴訟】 法と事実を枉(ま)げる高裁、地裁の不当判決に抗議し、徹底審理と 公正な判断、また国立大学法人等労働者の労使自治確立を改めて強く求める 全国大学高専教職員組合中央執行委員会 2016年2月4...
    (声明)大学教員の処分手続きおよび内容の適正化を求めます
    Top
    02/04 12:00
    (声明)大学教員の処分手続きおよび内容の適正化を求めます ~ 大学教員の身分保障は学生の教育権を保障し 学問の自由を守るために必要なものです ~ 声明DL  最近、国立大学において、教員が長期間の停職など重い懲戒処分を受け...
    全大教時報 Vol.39-No.6
    全大教時報
    02/01 09:00
    ■ ガイドラインは、現場にどう受け止められ、どう生かされているか、現状と課題   奥村 元子(公益社団法人日本看護協会 労働政策部 看護労働・確保対策担当専門職) ■ 意見書 -京都大学 「未払い賃金請求控訴」について-   和田...
    三重大教職組:マイナンバーの不安、払拭する努力を当局に...
    加盟組合からの情報
    01/28 09:30
    2016-01-26三重大学教職組人文学部支部「週刊 あのつ 第98号」.pdf
    横浜市立大教組:法人化の頃を振り返って「全員任期制」の...
    加盟組合からの情報
    01/21 13:13
    教員組合ニュース(2015年4号).pdf

    全大教からのお知らせ

    Topics
    12345
    2016/02/04new

    (声明)【国立大学等賃下げ訴訟】法と事実を枉げる高裁、地裁判決に抗議

    | by:全大教
    (声明)【国立大学等賃下げ訴訟】
    法と事実を枉(ま)げる高裁、地裁の不当判決に抗議し、
    徹底審理と
    公正な判断、また国立大学法人等労働者の労使自治確立を改めて強く求める

    全国大学高専教職員組合中央執行委員会

    201624



     
    2012年途中から約2年間にわたって、国立大学、高専、大学共同利用機関で働く教職員の賃金の一方的な減額が行われた。この賃下げが政府の国立大学法人制度、独立行政法人制度の枠を超えた法的根拠なき要請と無法な運営費交付金の減額、これらに安易に追従する法人側の対応によって引き起こされた不当な措置であったこと、もともと例外的に認められるにすぎない就業規則変更による労働条件不利益変更の要件を充たさない違法無効な措置であったこと、震災復興財源捻出を賃下げ実施及び運営費交付金減額の理由としながら、賃下げ実施後の各法人及び政府の財政運営はその説明を裏切るものであったことは、これまでに発表した声明等(*1)でも明らかにしてきたし、全大教が全国闘争として取り組んでいる全国11の未払い賃金請求訴訟(*2)のたたかいの中で、ますます現実に明らかになってきている。

     ところがこの間、裁判所は国立大学法人等に求められる自主的・自律的な経営や労使自治による労働条件決定の原則を事実上骨抜きにするかのような誤った法解釈と事実認定を通じて、違法無効な賃下げを行った法人側、ひいてはそのような措置を行わせた政府を救済する判断を下してきた。
     昨年後半に出された二つの第一審判決(高エネルギー加速器研究機構事件2015年7月17日水戸地裁土浦支部判決、富山大学事件2015年12月24日富山地裁判決)のうち、前者では法人財政に占める運営費交付金の割合が高いことを理由に政府の要請に反する措置は困難であったとして、また逆に法人財政に占める運営費交付金の割合が相対的に低い後者では、中期目標・中期計画に基づく施設整備の必要性や剰余金の使途の拘束性などを著しく過大に見積もることを通じて、賃金の不利益変更を行う「高度の必要性」を肯定した。いずれの判決も、それ以前に出された3判決(国立高専機構事件2015年1月21日東京地裁判決、福岡教育大学事件2015年1月28日福岡地裁判決、京都大学事件2015年5月7日京都地裁判決)と同じく、単に労働者の生活と権利を軽く扱うだけでなく、各法人が自主的な経営努力と健全な労使自治に基づいてその設置目的を果たすことを求めた国立大学法人等の制度趣旨を否定しかねない点でも不当な判決である。また、高エネ研事件の判決については、労働協約の拘束力の軽視、賃下げに並行して行われた退職金減額の不利益の甚大さや退職給与の持つ賃金の後払い的性質の軽視という点でも看過しえない不当性をもつ。
     我々は、先行する訴訟の判断や国立大学法人等と政府との関係への通俗的な理解に寄りかかったこれらの地裁判決に抗議するとともに、なお続行する第一審訴訟で各地の地方裁判所が裁判官の独立と良心にかけて、公正な判断をすることを強く求めるものである。
     
     上に挙げた5つの第一審での不当判決に対しては、いずれも原告団がこれを不服として控訴し、審理は高等裁判所に移された。そのうち2つの事件について、原告側からの証人申請の却下、新たな主張立証のための弁論続行の申入れの却下、さらに弁論再開申立の却下など一方的かつ強権的な訴訟指揮がされる中で、控訴審判決が出されている(福岡教育大学事件2015年11月30日福岡高裁判決、国立高専機構事件2016年1月13日東京高裁判決)
     これら判決の内容は、上に述べたような審理を尽くそうとしない訴訟指揮のあり方が判断にそのまま現われたものであった。第一審判決をほぼ丸ごと肯定し、原告側の控訴審での追加的な主張・立証――原判決での法人の中期計画に関する事実認定の誤り、法人財務諸表等に基づけば賃下げ回避は可能であったとの専門家の意見、原判決は労働法令の従来の解釈を逸脱するものであるとの専門家の意見など――を原判決と同様な論理立てで切り捨てるのみで、良くも悪くも控訴審独自の判断はほとんど見当たらない。つまり、それぞれの事件の第一審判決の不当性がそのまま維持されたものであった。
     我々は、裁判を受ける権利を十分保障せず、控訴審の審理を一方的に打ち切って第一審の不当な判断を擁護したこれら高裁判決に抗議するとともに、現在続行中の京都大、高エネ研の各控訴審訴訟、これから開始される富山大の控訴審訴訟で、裁判所が徹底して審理を尽くし、第一審の不当な判断を覆すことを強く求めるものである。

     我々が給与臨時減額措置に対する未払い賃金請求訴訟を全国闘争として取り組む目的の根本は、さきの声明でも述べた非公務員化、法人化された国立大学法人等の運営と労使関係を支える次のような当然の基本的原理を確認し、かつ大学・高等教育の現場、労使関係の現場においてこれらを現実のものにすることにある。
    「国立大学法人等は、高等教育を行い学術研究を推進するというその設置の目的を果たすべく、国の中期目標・中期計画を通じた関与や事業実施に必要な財政措置を受けながらもみずから自律的な経営判断を行う当事者能力をそなえた、独立した経営体である。そこで働く労働者の権利は、労働基準法、労働契約法等の一般労働法制のもとで適切な保護を受けるものであり、その中での労働条件の決定は労使間の自治によって行われなければならない。国立大学法人等のこうした自主性・自律性、そのもとでの労使自治、また高等教育機関に保障されるべき自治の精神に基づいて、独立行政法人通則法など関係法令の規定が解釈され、そのもとでの政府の措置が規律されなければならない。」
     全大教は、これらの基本的原理の確認の上に立って国立大学、高専、大学共同利用機関ではたらくすべての労働者の生活と権利を擁護するために、法廷の中でも、またそれぞれの職場や地域社会など法廷の外でも、たたかいを継続する決意を表明する。

    以上
    --
    (*1)20121127日「賃下げ訴訟の提訴にあたっての声明」http://tinyurl.com/j6xvvo6

    同「提訴にあたっての3組合合同記者会見」http://tinyurl.com/jhnfl9d

    2013327日「第2次提訴にあたっての共同記者会見」http://tinyurl.com/gnekexu

    2015621日「シンポジウム『国立大学・高専の賃金制度・労使関係を問う』」http://tinyurl.com/jxyq7ze

    2015711日「声明『賃金臨時減額訴訟に対する三地裁の不当判決に抗議し、教職員の労働者としての権利保障と労使自治の確立を改めて訴える』」http://tinyurl.com/z3j67t3

    同「国立大学法人等の賃金臨時減額に対する未払い賃金請求訴訟 経過と概要」http://tinyurl.com/jtwsrkq

    また、この裁判に関する論考、各弁護団の報告等を掲載した専門誌の特集記事として
     『労働法律旬報』
    1795(20137)http://tinyurl.com/gp8847h
     同1848(20159)http://tinyurl.com/hubzg5kがある。

     (*2)全国11の訴訟原告団及び進行状況は、別記の一覧表を参照。


    16:00 | 運動方針、声明、見解、要望等
    12345
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.