全国大学高専教職員組合(全大教)は教育・研究・医療の充実と発展、働く教職員の労働条件改善のために活動しています  絵文字:矢印 右事務所案内・問い合わせ   絵文字:矢印 右よくある質問
 

全国大学高専教職員組合 全大教
 
全大教トップページへ
 
 

組合員ログイン

 

全大教HP内 検索

絵文字:ひらめき 組合員ログインをしてから検索
  することを強くおすすめします!!
  (ヒットする件数が全く違います)
 














 

リンク集





 
343296
from 2012.8.20 site renewal
   
 
     

    一般公開ページ<新着情報>

     
     RSS
    未払い賃金請求訴訟の東京地裁不当判決に対する声明(高専)
    Top
    01/21 17:28
    独立行政法人国立高等専門学校機構を被告とする未払い賃金請求訴訟の 東京地裁不当判決に対する声明                 声明DL  2015年1月21日 全国大学高専教職員組合(全大教)中央執行委員会 同   ...
    全国大学高専教職員組合(全大教)【声明】
    Top
    01/13 13:30
    政府は国民の教育を受ける権利を脅かす高等教育政策を転換すべき ―政府の大学・高等教育政策に対する緊急声明―   全文DL 2015年1月12日  安倍政権は、高等教育政策・大学改革問題を成長戦略の一環に位置づけ、国立、公立...
    307号(1月)
    全大教新聞
    01/06 10:53
    <1面> ● 中嶋哲彦 全大教中央執行委員長 新年のごあいさつ「学問研究を自律的に発展させ、国民の学びを保障するために」<2~3面> ● 共闘団体 新年連帯あいさつ● 各ブロック単組委員長 新年あいさつ<4面>● 小原俊樹 福岡教育大...
    306号(12月)
    全大教新聞
    12/08 09:37
    <1面> ● 大学・高専職場での正常な団体交渉確立を求めて~団交拒否・国の不当加入を免罪する都労委命令に抗議声明~● 第25回医科系大学教職員懇談会を開催● 全国青年交流集会 in長野 ~KIZUNA 2014~<2~3面> ● 特集...
    Vol.38-No.5
    全大教時報
    12/01 09:00
    ◆特集◆全国大学高専教職員組合第26回教職員研究集会 ● 開会集会あいさつ ● 記念講演 市民社会と学術・大学 -大学とは何かを考える-』  広渡 清吾 (専修大学法学部 教授、元日本学術会議会長) ● 基調報告 竹内 智(全大教...

    全大教からのお知らせ

    Topics
    12345
    2015/01/21new

    未払い賃金請求訴訟の東京地裁不当判決に対する声明(高専)

    | by:管理者

    独立行政法人国立高等専門学校機構を被告とする未払い賃金請求訴訟の
    東京地裁不当判決に対する声明                     
     声明DL 

     

    2015年1月21日  全国大学高専教職員組合(全大教)中央執行委員会
    同      弁護団

     

     本日、東京地裁民事11部(佐々木宗啓裁判長)は、国立高専機構が2012年7月1日に教職員賃金を平均8.2%引き下げたことに対し、全大教高専協議会の原告282人が2012年11月27日、労働契約法10条に違反する就業規則の一方的不利益変更であるとして未払い賃金請求と損害賠償を求めた裁判において、原告らの請求を全て棄却する不当判決を言い渡した。
     国立高専機構が設置する国立高等専門学校は全国に51校あり、日本の未来を担う若者に技術分野を中心とした教育と、研究を行っている。国立高専は2004年4月に独立行政法人化され、非公務員とされた教職員6,000人には民間労働者と同様に労働法・労働契約法が適用されている。
    国立高専機構の賃金引下げは、国家公務員の臨時給与特例法(平均7.8%、一時金は9.77%)に準じて、組合の合意を得ず一方的に就業規則を変更し実施したものである。
     同様の賃下げに対する未払い賃金請求訴訟は、本件以外に福岡教育大学、高エネルギー加速器研究機構、山形大学、富山大学、福井大学、京都大学、新潟大学、高知大学、電気通信大学を相手におこなわれており、これらは、国立大学法人制度、独立行政法人制度のもとでの賃金決定及び労使関係のあり方を問う初めての全国的な裁判として歴史的な意義をもつものである。
     判決は、賃金減額により原告個人らが被る不利益は相当に大きいとし、原告らの生活やその子の教育及び高専教育に影響を与えたことは認めた。しかし、判決は、高専機構に営利企業と異なる責務や中期計画達成の必要性を過度に重視し、安易に高度な必要性を認定した。また、高専機構が行った予備費の増額や一学科300万円の物件費の留保などを口実にして安易に相当性も認めてしまった。さらに、団体交渉に関しても、高専機構の主張をうのみにし、高専機構が交渉を中途で打ち切ったことに関して一方的に組合に責任を転嫁している。以上によって、就業規則の不利益変更の合理性があると決めつけた。
     労働法・労働契約法の解釈と事実認定のいずれにおいても誤った判断に基づく判決であり、原告らの主張を退けたことは極めて不当である。
     全大教は、労働基本権が保障された独立行政法人制度・国立大学法人制度のもとで労使交渉による労働条件決定の原則を確立し、教職員の生活と権利を守り、教育・研究条件を充実させるためいっそう奮闘する決意を表明するものである。

    17:28 | 運動方針、声明、見解、要望等
    12345
    
    ご利用規約  |   個人情報 |  サイトマップ | 
    Copyright (C) 2012 Faculty and Staff Union of Japanese Universities All Rights Reserved.